プリウス自動車税

プリウスの自動車税は免税してもらえるはご存じですか?

 

自動車税ってなにげに負担になったり・・・しますよね。

プリウスの自動車税はいくら?

その上種類や減税制度があったり、複雑でわかりにくいものです。

 

プリウスの自動車税はいったいいくら免税してもらえるのでしょうか?シュミレーションしてみることにしました。

 

まずプリウスには、エコカー減税とグリーン税制特例が適用されます。

 

エコカー減税
 →自動車取得税,自動車重量税を対象とした減税制度で
  プリウスはなんとどちらも減税率100%なので納付金は0円です。

 

グリーン税制特例
 →自動車税を対象とした減税制度で、
  排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、性能に応じて減税されます。
  ★ただし、適用されるのは登録翌年度のみです!

 

ちなみにプリウスとひとくちに言っても、いろんなシリーズがありますよね。
実際のプリウスの種類別に自動車税がいくらかかるのかまとめてみました。

 

プリウスの免税額

プリウス

 

自動車取得税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車重量税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車税:10,000円 :39500円((通常) -29500円(グリーン税減税:75%適用)
     ※登録翌年度のみ
     39,500円:2年目以降

 

 

 

プリウスαの自動車税

プリウスα

 

自動車取得税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車重量税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車税:10,000円 :39500円((通常) -29500円(グリーン税減税:75%適用)
     ※登録翌年度のみ
     39,500円:2年目以降

 

 

 

プリウスPHVの自動車税

プリウスPHV

 

自動車取得税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車重量税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車税:10,000円 :39500円((通常) -29500円(グリーン税減税:75%適用)
     ※登録翌年度のみ
     39,500円:2年目以降

 

※自動車グリーン税制に伴うご購入翌年度の自動車税の軽減措置は平成29年3月31日までの新規ご登録車が対象となります。

 

 

つまり、翌年度10,000円 2年目以降は39,500円を目安に考えればほぼ問題ないと思われます。

 

税制度は自治体によって違ったり、新たに追加されるものがあったり・・・変化しやすいものですが、
地球にやさしい車は免税・減税などの優遇措置を得ることができる、という事実については変わることがなさそうです。

 

 

⇒プリウスの値引きについてはこちら

プリウス値引きの関連ページ

実燃費がカタログと違い過ぎる件
プリウスの実燃費はカタログと大きく違っています。なぜ新型プリウスの実燃費はこんなにもカタログと差があるのか調べました。また燃費を良くする方法についてもまとめています。
維持費をシミュレーションしてみてください!
プリウスの維持費をシミュレーションしてみませんか?世間ではプリウスの維持費が高いとか安いとか言われていますが、実際に自分の場合の維持費をシミュレーションしてみましょう♪
車検費用を安く抑えたい人のための必見情報
プリウスの車検費用は安く抑えたいですよね。プリウスの車検はハイブリッド特有の点検項目がありますが、この方法ならプリウスの車検費用を安くできますよ!